すぐお金借りるときはどんな条件があるのかについてです。

MENU

すぐお金借りるときはどんな条件があるのか?

 

「急な冠婚葬祭で今すぐ3〜5万円のお金が必要!」
「今月お金を使いすぎて月末家計がピンチ!」
...そんな時にすぐお金借りることができたら嬉しいですよね。

 

このサイトではそんなときにすぐお金借りることも可能な銀行カードローンや消費者金融をご紹介していきます。

 

ただ、今すぐお金借りるには様々な条件もあるので、よく読んで融資申し込みをしてみてくださいね。

 

とにかく急ぎですぐお金借りる必要があるという人は「即日融資も可能」な消費者金融をうまく利用しましょう。

 

 

申込時間によってすぐお金借りる事はできない!?

 

即日ですぐお金借りる場合でも「申込みの時間」が遅くなってしまうと、その日中にすぐお金借りることはできません。

 

各カードローンによって、即日融資希望であれば「何時までに申込み完了」というのがあります。

 

例えば、アコムやプロミスは「平日の14:00までに契約手続き完了」というのが今すぐお金借りるための条件の1つです。

 

モビットの場合は「平日14:50までに申込手続き」と若干時間が長いですが、やはり「何時までに申し込みをしなければ、すぐお金借りることはできない」というのがあるのでよく注意しましょう。

 

このように、すぐお金借りるのであれば「各カードローンの即日融資可能な申込締め切り時間」を守らなくてはなりません。

 

 

土日のはすぐお金借りることができない場合も!

 

申込締め切り時間を守れば、どの曜日でもすぐお金借りることが可能というわけでは実はありません。

 

基本的に、土日や祝日などは「申込み」はできても「即日ですぐお金借りる」というのは難しくなると覚えておいてください。

 

なぜなら、土日祝日は銀行がお休みなので、カードローン業者が振込をできないからです。

 

ですので、その日のうちにすぐお金借りるのであれば、できる限り平日に申込むようにしましょう。

 

ただし、自動契約機のある大手有名消費者金融であれば、無人契約機までいって契約することにより、土日や祝日でも即日ですぐお金借りることは可能です。

 

この場合も、「ローン申込機の営業時間内」に契約を終わらせなければ、即日ですぐお金借りることはできないので、できるだけ早めに出向くのがオススメです。

 

このように、土日などの休日は「すぐお金借りるには条件がある」と覚えておいてください。

 

 

銀行系カードローンはすぐお金借りるのが厳しい?

 

上記では「自動契約機のある大手消費者金融であれば土日もすぐお金借りることが可能」と述べました。

 

では、銀行の取り扱うカードローンではどうなのでしょうか?

 

結論から言うと、「銀行カードローンでは土日にすぐお金借りることはできない」ということになります。

 

なぜなら、銀行擬態がお休みのため、審査すらしてもらえないからです。

 

自動契約機のある銀行カードローンもないので、土日に銀行カードローンですぐお金借りるのは無理なのです。

 

そもそも、銀行カードローンでは即日融資に対応しているところもかなり少ないのが現状です。

 

仮に即日すぐお金借りる場合でも、その銀行の口座を既に持っていなければ難しいでしょう。

 

そのため、平日だとしても銀行カードローンですぐお金借りるのは厳しくなるというわけです。

 

もし。どうしてもすぐお金借りる必要があるのであれば、大手消費者金融のカードローンに申込んで借りるようにしましょう。

 

 

審査によってはすぐお金借りることができないことも!

 

すぐお金借りるための条件などをご紹介してきましたが、いくら即日融資が可能なキャッシング業者だとしても、審査に落とされてしまったらすぐお金借りることはもちろんできません。

 

各カードローン業者の融資審査に通過したうえで初めてお金を貸してもらえるのです。

 

各金融業者によって「審査基準」は大きくことなりますが、どの消費者金融やカードローン会社も、
・安定した収入があり返済能力が見込める
・過去に金融事故が無い
...などの点は最低クリアしていないと、審査通過することは難しいでしょう。

 

とりあえず申し込めば、すぐにお金を貸してもらえるワケではありません。

 

ヘタに申込をして審査落ちすれば、次に違うカードローンの審査を受ける際に悪影響を及ぼす場合もあるので十分に注意しましょう。

 

 

無職や失業中だとすぐお金借りることはできない!

 

お金を借りるための審査基準の一つに「どのような職業なのか?」というものがあります。

 

具体的には、パートやアルバイト、正社員、派遣社員などの雇用形態をみられることになります。

 

ここで「パートやアルバイトだと審査落ちしそう」と考え、あきらめてしまう人も多いのではないでしょうか?

 

これに関してですが、最近のカードローン審査では別に正社員でなくとも審査通過することは可能です。

 

とにかく「ちゃんと働いていて定期的に収入がある」という人であれば問題はなく、雇用形態も重要視されない傾向にあります。

 

逆にいえば、「働いていない無職・失業中」の人であれば、すぐお金借りることは絶対にできません。

 

もし即日ですぐお金を借りたいのであれば、まずは仕事をしていないと話にならないということになります。

 

 

勤続年数が短すぎるとすぐお金借りるのはむずかしい?

 

上記では「働いていないとお金を借りることはできない」と述べました。

 

では、働いてすぐにカードローン審査に申込んでも、すぐお金借りることは可能なのでしょうか?

 

これに関してですが、審査では「勤続年数」はもちろん見られます。

 

審査通過の合格ラインとしては、半年〜1年以上は現在働いている職場で勤めていなければ厳しいでしょう。

 

金融業者によっては3ヶ月ぐらいの勤続年数でも借りれるところもあるようですが、一般的には半年以上はないとダメなようです。

 

そのため、「先週からバイトを始めた」という人は審査落ちになる可能性が高いでしょう。

 

 

出勤日数が少なすぎると審査落ちすることも!

 

審査では「勤続年数」以外にも「週にどのくらい出勤して働いているのか?」ということもチェックされます。

 

もちろん、正社員のひとであればこの項目は関係ありません。

 

ですが、パート・アルバイト・派遣社員ともなれば、やはり出勤日数はチェックされてしまいます。

 

金融業さh側としては「あまりに出勤日数が少ないと、返済が怪しい」と考えるため、審査で重要視されるわけです。

 

ですので、最低でも週3日ぐらいはパートなりバイトなりをしていなければ、審査通過は厳しいでしょう。

 

短期の日雇いのバイトや、週1日ぐらいしかパート勤務していないのであれば、すぐお金借りることは難しくなります。

 

 

お金借りる審査の結果はどれくらいで分かるの?

 

すぐお金借りる必要がある場合に気になるのが「審査結果はいつわかるのか?」ということです。

 

できるだけ早く審査結果が分からなければ、すぐお金借りる計画に支障が出てしまいますからね。

 

この審査結果が分かる時間や期間についてですが、大手消費者金融などであれば、最短1時間で終わるところもあります。

 

銀行カードローンだとしても、上手くいけば3時間ほどで審査結果の連絡が来るところもあります。

 

ただし、これは「最短で上手くいけば」の話です。

 

審査は人によってはかなり時間が異なるため、正直なところ「どのくらい時間がかかるのか」については何とも言えないのです。

 

仮に、他の金融業者でも借金をしている人であれば、「本当に返済できるのか?」「借金している額にウソはないのか?」などを調べるだけでも時間がかかります。

 

そうなれば、審査は長引いてしまうことになるのです。

 

このように人それぞれ審査の時間や期間は変わってくるので、すぐお金借りるのであれば、できるだけ早めに審査に申込むのがオススメです。

 

 

お金借りる審査の時にウソをついてもバレる!

 

どうしてもすぐお金借りたいがために、審査の時にウソの申告をする人も中にはいます。

 

例えば「他社借入れがあるのに、無いと嘘をつく」「以前、返済遅延したことがあるのに嘘を言う」などです。

 

これらの嘘は審査の際に必ずバレます。

 

基本的に貸金業者や銀行というのは「信用情報機関」というところに登録していて、裏で顧客の情報をすべて共有しているのです。

 

そのため、仮に嘘をついたとしても必ずバレるのです。

 

ですから、審査申込の際は嘘の申告はやめましょう。

 

嘘がばれれば審査では必ず落され、すぐお金借りることはできなくなりますよ。

 

 

すぐお金借りる際の審査では在籍確認が必ずある!

 

カードローンやキャッシングなどでお金を借りる場合、必ず勤務先に「在籍確認の電話」がかかってきます。

 

多くの場合、「職場にカードローン会社から電話がかかってきたら、同僚や上司にバレそうでイヤだ」と思う人が多いでしょう。

 

ですが基本的には銀行・消費者金融に限らず、在籍確認の電話は必ず行われる事になります。

 

ただ例外として、審査時に事前に「会社の社員証や健康保険証」などを提出すれば「職場に電話連絡なし」ですぐお金借りることも可能です。

 

しかし、どの消費者金融や銀行でもこの方法に対応しているわけではありませんので、よく確認したうえでお金を借りるのがオススメです。

 

基本的には、「在籍確認の電話なしではお金を借りることはできない」と考えておきましょう。

 

 

お金借りるとき家に郵送物は来る?家族にバレない?

 

すぐお金借りる上で「身内にバレてしまわないか?」というのは非常に気になることです。

 

基本的に金融業者から「自宅や家」に電話がかかってくることは、まずありません。

 

しかし、カードローン契約後は「ローンカードや契約書類」が家に送られてくるのが一般的です。

 

もし、これが旦那や妻、家族に見られてしまえば、キャッシングしようとしているのがバレてしまう可能性はぬぐいきれません。

 

これに関してですが、銀行系カードローンではほぼほぼ自宅に郵便物が送られてきます。

 

ですが、大手消費者金融であれば「自動契約機で契約」すれば、その場でキャッシュカードや契約書類を受け取れます。

 

つまり、自宅に送られてくるものは何もないというわけです。

 

もし、家に郵送物なしでお金借りたいのであれば、大手消費者金融の自動契約機を利用しましょう。


↓ ↓ ↓ ↓