カードローンですぐお金を借りるにはどんな条件があるのか調べてみました。

MENU

当日中にすぐお金を借りる場合に気を付けたいことって?

 

「急な冠婚葬祭で今すぐ3〜5万円のお金が必要!」
「今月お金を使いすぎて月末家計がピンチ!」
...そんな時にすぐお金を借りれたらうれしいですよね。

 

このサイトではそんなときに即日融資も可能な銀行カードローンや消費者金融をご紹介していきます。

 

 

 

ただ、今すぐ即日でお金を借りるには様々な条件もあるのでよく読んで借り入れ申し込みをしてみてくださいね。

 

とにかく急ぎですぐお金を借りる必要があるという人は「即日融資も可能」な消費者金融をうまく利用しましょう。

 

 

申込時間によってはすぐにお金を借りる事はできない!?

 

即日ですぐお金を借りる場合でも、申込み時間が遅くなってしまうと、その日中にすぐお金を借りることはできません。

 

各銀行系カードローンや消費者金融によって、即日融資希望であれば「何時までに申込み完了」というのがあります。

 

 

例えば、アコムやプロミスは「平日の14:00までに契約手続き完了」というのが今すぐキャッシングするための条件の1つです。

 

モビットの場合は「平日14:50までに申込手続き」と若干時間が長いですが、やはり「何時までに申し込待負ければすぐお金を借りることはできない」というのがあるのでよく注意しましょう。

 

 

土日祝の申込みはすぐに借りれない!

 

基本的に、土日や祝日などは「申込み」はできても「即日ですぐお金を借りる」というのは無理だと思ったほうがいいです。

 

土日祝日は銀行がお休みだからです。

 

ですので、その日のうちにすぐお金を借りたいという人は必ず平日に申込むようにしましょう。

 

 

ただし、自動契約機のある金融業者であれば、無人契約機までいくことにより土日や祝日でも即日ですぐお金を借りることは可能です。

 

この場合も、ローン申込機の営業時間内に契約を終わらせなければ、すぐ即日でお金を借りることはできないので、できるだけ早めに出向くのがオススメです。

 

 

審査によってはそもそもお金を借りれない場合もある!

 

いくら即日融資が可能なキャッシング業者だとしても、審査に落とされてしまったら、すぐお金を借りることはできません。

 

どの消費者金融やカードローン会社も、
・安定した収入があり返済能力が見込める
・過去に金融事故が無い
...などの点は最低クリアしていないと、キャッシング審査を通過することは難しいでしょう。

 

 

もしキャッシングの審査に通らないのであれば、もちろんすぐお金を借りることはできません。

 

とりあえず申し込めばすぐにお金を貸してもらえるワケではないので、よく注意しましょう。

 

 

具体的には、パートやアルバイトなどでもいいので「ちゃんと働いていて定期的に収入がある」という人でなければキャッシング審査には通過できません。

 

つまり、「勤続年数の短い日雇いのバイト」や「働いていない無職・失業中」の人であれば、すぐお金を借りることはできないのです。

 

ですので、キャッシングやカードローンに申込をする前は、自分の現在の状況を良く確認したうえで申し込むようにしましょう。

 

 

お金を借りる審査のときは在籍確認が必ずある!

 

カードローンやキャッシングなどでお金を借りる場合、必ず勤務先に「在籍確認の電話」がかかってきます。

 

多くの場合、「職場にカードローン会社から電話がかかってきたら、同僚や上司にバレそうでイヤだ」と思う人が多いでしょう。

 

 

ですが、基本的には在籍確認の電話は必ず行われる事になります。

 

ただ例外として、審査時に事前に「会社の社員証や健康保険証」などを提出すれば「電話連絡なし」でお金をすぐ借りることも可能です。

 

 

 

しかし、どの消費者金融や銀行でもこの方法に対応しているわけではありませんので、良く確認したうえでお金を借りるのがオススメです。

 

基本的には、「在籍確認の電話なしではお金を借りることはできない」と考えておきましょう。


↓ ↓ ↓ ↓